BLOG!Life with dog
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
QTVRに挑戦
ステッチ画像
フィールド、特に山頂に出るとウワーッ!という程の雄大な景色が広がる。
その雄大な景色を写真に収めようと広角レンズを装着しても、360度絶景!なんて場合はとても写真ではその臨場感を表現出来ない。
そこで以前から気になっていたのがこのQuick TimeVR(QTVR)という見せ方。

複数のスチール写真を組み合わせ(ステッチして)Quick Timeで任意に動かして見えるというもの。実際これで山頂からの景色などを公開してる人もいて、何か簡単なソフトでもあるのかな?と思ったが、これがなかなか難しく、試行錯誤の末ようやくなんとか形になって来た。
将来的にはこれが更に上下に動くCubicVRを目標にボチボチ学習していこうと思ってます。



↑画面をドラッグして動かしてみてネ。
Macの場合。Command+shiftで拡大。Command+controlで縮小。
Creative | permalink | comments(29) | trackbacks(0)
2006’春夏の流行色は?
昨日はあんなに暖かだったのに、今日はまた寒いです。でも季節は着実に春に向かっている気がしますね。

洋服でも車でも、今年はこの色ハヤリだよね〜とか言ったり、感じたりすると思いますが、これって買う側の好みでなく、買わされてるというか、メーカーがそういう商品をラインナップするから流行るのであって、消費者側が選んでるわけではないんです。
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(12) | trackbacks(0)
IDカートリッジ公開ページを作りました。
メインサイトであるLife with dogはご存知の方も多いですが、デジタルステージ社の[ID for WebLiFE*]というソフトを使って作っています。
サイト立ち上げ当時、webのことがまったく解らなかったので(今でもあまり進歩はありません^^;;)手っ取り早くサイトを作りたいと思い、ソフトを色々探したが、MacOSで動くweb用のソフトはメチャ難しいのばかり(汗)
そんな時に発売されたのが、この[ID for WebLiFE]というソフトでした。
今迄見た事無いような洗練されたスタイル、しかも写真をメインにしようと思っていたので丁度よいし、操作もDTPソフトの様で解り易い!と購入し今に至っております。
しかし、簡単なゆえ制約も多く、レイアウトはカートリッジと呼ばれる型に委ねられる為、自由にレイアウト出来ないといった欠点もあり、最近ではカートリッジを自作してWEBLIFEを楽しんでおります。

おかげさまでメインサイトも5万アクセスを越え、最近ではこのカートリッジに対する問い合わせが多くなって来ました。もともと第三者使用目的で制作していない為、非常に解り難く使い難いとは思いますが、お使い頂ければ、とカートリッジのサンプルとダウンロードコンテンツを作りました。宜しければお使い下さい。
とりあえず他ではあまり見ないLLsize(825×1300px)をUPしました。

カートリッジダウンロードサイト


Creative | permalink | comments(19) | trackbacks(0)
Frickr


たまにはこんなクリエイトはいかが?
fd's Flickr Toysでは画像やタイトルを入れてポチッとするだけでちょっとアメリカナイズされた絵が直ぐ出来ちゃいますよ。
↑はその中のFramerを使ってみました。
photoshopなどでも勿論出来ちゃうけど、ソフト立ち上げなきゃいけないし、これならお気に入りに登録しておけば直ぐ使え手間いらず。
横1000px程度の画像なら無料で遊べますヨン。
Creative | permalink | comments(12) | trackbacks(0)
ポスター。
お!と思うポスターが最近少ない・・・というか興味が移行しているのか・・・
しかし、確実に言えるのは、CGが全盛の昨今、日常では考えられないような…ビックリするような絵は簡単に作れてしまい印象に残り難いということ。
例えば動物が擬人的な行動の絵があったりしても、昔だったらこの鳥スゴいねぇー!だったのが、今では頭からCGだと思って見てしまうので、よっぽど奇抜な物でないと印象が薄い。
そんな時代を反映してか、先日発表された、jeki(JR東日本企画=JRの広告代理店)が毎年行っているポスターグランプリ。
CG等の作品が少なく、自然の風景、アイデアが光る作品が多くなって来たように感じた。(もっとも、うがった見方だが出稿量も多少影響しているとは思いますが)

で、最近私の目を引くポスターも自然の風景が写っているもの。
特に最近の各観光団体のポスターはとても美しい。
青森県「蔦沼」
温泉がどうのこうの、食べ物がどうのこうの
よりよっぽど行きたくなる気がしませんか?
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(2) | trackbacks(0)
Web用に保存...
御存じの方も多いと思いますが、Photoshopを使って、写真をweb用に効率良く保存する方法をご紹介します。

※MacOS9/Photoshop6.0で作成していますので、OS、バージョンによってはインターフェイスが違います。一応WinOS/Photoshop Elents3.0でも確認しましたが、見え方は違うものの、御紹介の機能は使えるようでした。
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(8) | trackbacks(0)
第5回「目的に応じた撮影モードの探究」
もし、あなたが、無制限に使えるメディアを持っていて、且つ、大容量の保存環境、高速処理できるパソコンがあるならば、単純に最高画質のモードで、低圧縮または、圧縮しないファイルでの撮影が最も理想的です。
しかしながら、高画素化しているデジカメでは、上記のモードで撮ると1枚12MB近くなるものもあって、512MBのメディアでは42枚程しか撮影できません。これではあまり現実的ではありませんね。それではどの位が必要なのでしょうか?

美しさというのは、人によって解釈が違うと思うので、ここでは、使う媒体によって必要最低限の画素数を下にモードを探求したいと思います。
以下の表をご覧下さい。
表1
※容量512MBのメデイアで算出。
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(12) | trackbacks(0)
第4回「目的に応じた撮影モードの探究」の前に
さて、予告をしてしまった「目的に応じた撮影モードの探究」です。いやいや困った困った、調べれば調べる程むずかしく、しかも撮影環境・被写体・使用機材などによって違うのです。そこで急遽「画質は何で決まる?」をちょっと勉強しましょう。

まず、画像の美しさに影響する要員として大きく以下の2つが挙げられます。
・画素数(ex.300万画素とか600万画素等)
・受光体(ex.CCDとかCMOS等)
他にももちろんカメラ本体の性能や、撮影データを処理するエンジン、レンズによって左右されますが、ここではこの2項目について考えていきたいと思います。
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
駅貼広告
DTPの「目的に応じた撮影モードの探究」をしているが、調べれば調べるほど、奥が深くなかなか文章がまとまらず、さらにメーカー、機種によってプログラム・構造が違う様なので、ただいま苦戦中です(汗)
ちょっと気分転換に新しいカテゴリー「Advertising=広告」を作ってみました。インターネットが普及してきて、駅貼ポスターの数がだいぶ減ったけれど、その分面白い広告が目に付きます。
最近よく見るのがこの教えて!gooのポスター。
ポスター1
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(10) | trackbacks(0)
JPEGって何?その1
日進月歩するPC環境では、複雑化し増加傾向にあるデータを保存したり受け渡しなどに便利なように圧縮技術が用いられています。
この圧縮には大きく2つのタイプがあり、textその他なんでも圧縮できるzip・lzh・stuffitなどに代表される、ソフトを使って圧縮するタイプと、ビットマップ(画像) データに限定して使われる、フォトレタッチソフトなどに組み込まれたJPEG・GIF・PNG・TIFFなどの互換性のあるファイル形式(フォーマット)があります。
前者はデータの受け渡しにとっても便利なツールですが、一般にはあまり使われないので、ここでは後者のファイル形式(フォーマット)についてお話ししたいと思います。

画像ファイル形式にもいろいろ
コンピュータソフトには用途に応じて色々なソフトがあり、プラットフォームもWin/Mac/DOS/unixなど様々です。そこでどんな環境でも認識出来るように統一したファイル形式を作ることにしました。
但し、このファイル形式も時代の要望や技術で変化していて、現在でも様々な形式があり、ファイル形式に応じて長短があるので、使う側がその特性に応じて使い分ける必要があります。

同じ画像をJPEGとGIFで保存してみました。
左から元画像(157kb)。JPEG低圧縮(60kb)。JPEG高圧縮(15kb)。GIF(20kb)。画像
※分りやすいように拡大しています。
続きを読む >>
Creative | permalink | comments(13) | trackbacks(0)