BLOG!Life with dog
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クレート初日、東京初雪、氷壁2回目 | TOP | 朝焼け >>
江戸しぐさ
「往来しぐさ」最近電車に乗ってると目につくのが、このAC広告機構の「江戸しぐさ」のポスター及び看板。
粋な江戸っ子のしぐさを提示し、都市生活をおくる上でのマナーを促そうという狙いらしい。
「しぐさ」というと単純に動作やふりを想像しそうですが、ここでいう「しぐさ」とは、日常の心得、付き合いの仕方、心映えや心意気をも含んだものをさしています。
ちょっと興味をそそったので調べてみると、江戸しぐさのチェック・ポイントは880項目にものぼるそうです。何でも江戸は人口の約八割が商人だったらしく、商人が一流になるために最も必要だったのは気付きと気働きだとか。ちょっと一例を・・・

「お心肥やし」
江戸っ子は教養豊かでなければならないということをこう呼んだ。
ここでいう教養とは読み書き算盤のほか、人格を磨く事が何よりも大切なのだという意味合いが強く込められている。

「打てば響く」
江戸っ子はすばやく対応することを身上とした。
当意即妙の掛け合い、初対面で相手を見抜く眼力など、その切れ味が真骨頂とされた。

「三脱の教え」
初対面の人に年齢、職業、地位を聞かないルールがあった。
これなどは身分制度を全く意識させない教えであり、相手を思いやる心と、
人を肩書きだけでは判断しないという、何事にも捉われない意気込みがみてとれる。

「時泥棒」
江戸城の時計は一分の狂いもない正確なものであった。
このため、幕府に仕えている武士ばかりではなく、商人たちも時間には厳しかった。
現代でもまったく、同じことなのだが、都会人のマナーというべきであろう。

「はいはい」
物事を頼まれた時の返事は「はい」の一言でよい。一人前の大人に返事を繰り返すことは、
目上の人に向かって念をおす行為と受けとられ、してはならない失礼とされていた。

「往来しぐさ」
往来でのマナーのことである。狭い往来をすれ違う時など、ちょっと会釈をし、
「肩引き」をして、お互いがぶつからないようにするとか、
雨のしずくが相手にかからないように「傘かしげ」をするとかいったような、
ちょっとしたエチケットのことをいった。こんな素振りも粋にみえる。

フムフムと思う事ばかりですが、いざこれを実践しようと思っても、なかなか難しく、シンプルゆえに奥も深いものですね。しなやかでしたたかな商売原則とは、コミュニケーション・マナーそのもののようにも思えます。こう見ると「江戸しぐさ」は300年も前のことですが、現代人にも通ずるように思えます。

最近では、電車のマナーの悪さは若者より中高年オヤジ(偉そうな)の方が目にあまるように思えます。
「チョイ悪おやじ」などというトレンドが流行っておりますが、
単に悪そうなだけでなくこんな「粋」な心得も併せ持っていたいですね。


daily life | permalink | comments(6) | trackbacks(0)
comment
へ〜〜っ勉強になりました。
特に「三脱の教え」っていうのはいいですね。
キャンプ仲間ってこれ浸透していますよね〜〜本名も知らなかったりするけど(笑)
趣味の世界はこれが一番。

マナー&コミュニケーションですね。マナーだけではダメなんですよね。
人間味も併せ持つ素敵なしぐさ集でした。
2006/01/23 8:05 PM by mo-chanママ
モーchanママさん、こんばんわ。
確かに〜!キャンプ仲間やwebって「三脱の教え」を守っていますね。
モーchan家の場合、年齢は大公開ですが(^_^;;

ホリエモン捕まっちゃいましたね。私は好きでも嫌いでもないけど
経済的には羨まし〜!
経済界のご老公様の逆鱗に触れちゃったんですかね?
もう少しマナー&コミュニケーションがあれば良かったのかもしれませんね。
2006/01/23 10:07 PM by バロンパパ
なるほど〜、です。

こちらでは、冬になると「往来しぐさ」が重要です。
道が狭くなるので、どうしてもどちらかが、雪の中にずぼっと入って道を譲ったりする必要が出てくるし。そして、「よく降りますね〜」とかお互いに言い合います。
知らない同士でも、そんなちょっとした事で気まずくならないですよね。

日本人て昔は今よりもっと社交上手だったじゃないかと思います。
知らない同士でも声掛け合ったりしてたんじゃないのかな〜。知らない人に声かけたらだめってことになっちゃったりして。
なんだか寂しいですね。

ホリエモン、もうちょっと「お心肥やし」の必要があったのじゃないのかな。
2006/01/24 7:43 AM by kenjiの姫
kenjiの姫さん、おはようございます。
よ〜く調べてみると江戸時代にはなかったみたい(^^;;
今でも東京下町で生まれ育った人を江戸っ子とか言ったりしますが
そんな人情味溢れる下町のしぐさを形容したのかもしれませんね。

確かに最近の「三脱の教え」は見ざる・言わざる・聞かざるになっちゃってるかも
他人には無関心だし、閉鎖的な感じがして残念ですね。
現代気質としてはこの江戸しぐさの前に「ほどほどに」が付くような気がします。

ホリエモンは教養はあるけど、心が肥えてなかったみたいですね^^
2006/01/24 10:46 AM by バロンパパ@office
>他人には無関心だし、閉鎖的な感じがして残念ですね。
必要以上に無関心だから、子どもが学校帰りにどうにかなっちゃったりするのかな〜。
NYに行くと、その辺おせっかいというか、なんというか、地下鉄乗ってて、突然着てる服について話しかけられたり、向かいの人がなにやら話しかけてきたり、エレベーターでは知らない人でも挨拶するし。そんな事が、私はあぶないもんじゃないですよっていう意思表明にもなるのかな、なんて考えます。

江戸しぐさ、なんか興味あるので、本を図書館に注文して来ました。買ってもらって読んだらどんなだったかお知らせしますね。(自分で買わないところがせこいけど)
2006/01/24 5:11 PM by kenjiの姫
kenjiの姫さん、こんばんわ。
へぇ〜NYってそういうとこなんですか!?
確かに外国で道とか迷ってると向こうから声かけられますね。明らかに言葉通じなさそうでも一生懸命受け応えしてくれますよね。
日本で外人見るとみんな避けて通ってますが(私も)^^;;

おお!図書館に注文ですか?お願いします!
私は立ち読みです^^;;
2006/01/24 9:01 PM by バロンパパ










trbk URL
http://blog.life-with-dog.com/trackback/431195
trbk